花暦の花暦一覧

クリスマスローズ

クリスマスローズ 金鳳花(きんぽうげ)科の多年草。 ヘレボラスとも呼ばれます。 名前のイメージではもう少し華やかでも良い気がしますが 寒い荒地にも咲く、けなげな 花言葉は「慰め」、「追憶」 開花時期は、クリスマス時期から … 続きを読む

素心蝋梅(そしんろうばい)

素心蝋梅(そしんろうばい) 蝋梅は黄色い半透明の花が蝋細工のように見えることから付いた名前。 見た目からか梅とつきますが、実はバラ科です。 素心蝋梅は蝋梅よりも半透明の蝋のような花の部分の黄色が強いのが特徴です。 花言葉 … 続きを読む

葉牡丹(はぼたん)

葉牡丹(はぼたん) 紫色のレタスのようなアブラナ科のお花。 写真は未だ若いですが、成長していくと葉が幾重にも白や赤紫に綺麗に重なり牡丹の花のようにみえます。 実は4-5月に黄色い花が咲きます。 4枚花びらの可憐な形は牡丹 … 続きを読む

冬牡丹(ふゆぼたん)

牡丹 (ぼたん) 別名は二十日草(はつかぐさ)。 WIKIPEDIAによると別名は「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」「天香国色」 「名取草」「深見草」「二十日草(廿日草)」「忘れ草」「 … 続きを読む

マホニア・ロマリーフォリア

マホニア・ロマリーフォリア 中国生まれのメギ科。 常緑の低木で庭木や常緑樹として利用されます。 葉はヒイラギに似ていて、花は黄色の小さな花を房状にびっしり咲かせます。 開花時期は12月から1月。 ちなみに仲間の日本の「ひ … 続きを読む

長寿梅(ちょうじゅうめ)

長寿梅(ちょうじゅうめ) 盆栽でよくみかける日本に唯一自生する「くさぼけ」の園芸品種。 一重咲きの小さな花は赤と白があります。 長寿の名前と紅白なので縁起物として贈答に人気だそうです。 四季咲きするので、1年に何度も花を … 続きを読む

芙蓉の実(ふようのみ)

芙蓉の実(ふようのみ) 7月から10月にかけて白やピンクの綺麗な花が咲くアオイ科の芙蓉。 その実がこちら。 モフモフの毛が気持ちよさそうです。

サザンカと寒ツバキの見分け方

山茶花と寒椿の見分け方 同時期に咲いている山茶花と寒椿って似ていますよね。 ツバキかだから似てて当然といわれそうですが。。。 一般的には山茶花のほうが背が高く、 椿は花の落ち方が花のまま落ちるが特徴といわれます。 昨日ご … 続きを読む

春山茶花(はるさざんか)

春山茶花(はるさざんか) ピンク色の花が綺麗に咲いていたので撮影していると親切なおじさんが 山茶花だよって教えてくれました。 花言葉は「 困難に打ち勝つ」「ひたむきさ」「謙譲」「愛嬌」。 開花時期は、10月~2月。 山茶 … 続きを読む

素心蝋梅(そしんろうばい)

素心蝋梅(そしんろうばい) 昨日の蝋梅よりも半透明の蝋のような花の部分の黄色が強いのが特徴です。

蝋梅(ろうばい)

蝋梅(ろうばい) 蝋梅(ろうばい) 蝋梅は黄色い半透明の花が蝋細工のように見えることから付いた名前。 見た目からか梅とつきますが、実はバラ科です。 花言葉は「ゆかしさ」、「慈しみ」。 開花時期は、12月~3月。

パンジ-(三色菫(さんしきすみれ))

パンジ-(三色菫(さんしきすみれ)) 今の時期から春にかけて花を次々咲かせます。 色も紫色、青、赤、白、オレンジ、黄色などと多く 冬の時期を彩ってくれる貴重なお花です。 花言葉は「物想い」「 純愛」「私を思ってください」 … 続きを読む

三椏(三叉・みつまた)

三椏(三叉・みつまた) 繊維質な植物なので、紙幣などの紙の原料に使われます。 開花時期は3月から4月。 写真はつぼみの状態です。 咲くまで、あと2ヶ月ほどですね。楽しみです。 枝が3本股状に分かれていることが名前の由来。 … 続きを読む

ストック(あらせいとう)

ストック 茎がしっかり太いことから、茎をあらわす「ストック」と付いた名前。 最近は花壇用に細い茎の品種も作られるようになったようです。 日本名は「あらせいとう」。 開花時期は12月から5月。 花言葉は「思いやり」「愛の絆 … 続きを読む

蛇の目エリカ (じゃのめえりか)

蛇の目エリカ (じゃのめえりか) 小さなピンクの花が沢山咲きます。 花色はピンク以外にも赤、紅、紫、緑、白などもあるそうです。 黒くみえる部分が蛇の目のように見えるから 蛇の目と言われるようです。 別名でクロシベエリカ( … 続きを読む

緋木瓜(ひぼけ)

緋木瓜(ひぼけ) 平安時代に渡来した中国原産の落葉低木。 緋色の花色が名前の由来で、冬に咲くことから 寒木瓜(かんぼけ)とも呼ばれます。 開花時期は10-1月。 もう少しで見ごろも終わってしまうのですね。 木瓜の花言葉は … 続きを読む

水仙(すいせん)

水仙(すいせん) 1月に入って、多く咲き始めました。 緑の細い茎に白い花びらが美しい花。 別名はナルキッサスまたはナルシス。 ギリシャ神話の美少年の名前からきたそうです。 ナルシストという言葉の元になった男の子です。 水 … 続きを読む

縞暖竹(シマダンチク)

縞暖竹(シマダンチク) めちゃ背が高いシマダンチク。 2から4mほどになるそうです。 パンパスリーフより背が高いのには びっくりです。 日本に入ってきたのは明治。 結構古いんですね。 園芸用にヨーロッパからの渡来種です。 … 続きを読む

ピラカンサ・ローズデール

ピラカンサ・ローズデール 真っ赤に色付いたローズデール。 本当にびっしり実をつけています。 実の見ごろは10から12月。 花言葉は「慈悲」。 開花時期は5~6月。 白い小さな花が咲くそうです。 雲上の楽園通信さんにお花の … 続きを読む

秋の名残り

秋の名残りの紅葉 とっても寒い今日この頃。 でも今年は紅葉がゆっくりだったので、 まだ都心では少し色あせたもみじを見ることができます。 真っ赤ではないですが、少し色あせたところも 味があってよいものです。

夏みかん

夏みかん 夏みかんなのに。。。。。 なぜこの時期にたわわになっているの? どうやらこの時期から夏まで置いておくと 甘くなるようです。 開花時期 5月~7月。 果実期 11月~6月。 おいしい収穫時期 夏 と、すると初夏に … 続きを読む

水仙(すいせん)

水仙(すいせん) 白い花びらの様子もピンとなった茎が美しい花。 別名はナルキッサスまたはナルシス。 ギリシャ神話の美少年の名前からきたそうです。 ナルシストという言葉の元になった男の子です。 水面に映った自分の顔にキスし … 続きを読む

小紫(こむらさき)

小紫(こむらさき) 小柄な枝に小さい紫の実が可愛らしい 熊葛(くまつづら)科のお花。 紫式部の小さい版のような感じですね。 この控えめな小紫の方が紫式部より園芸用として人気が高いそうです。 和って感じで微笑ましいいですね … 続きを読む

黒鉄黐(くろがねもち)

黒鉄黐 読めない書けないですね。 “くろがねもち”だそうです。 光沢のある葉に真っ赤な実が大きな木全体になっていて とても綺麗です。 20m級の高さになる常緑樹。 ジブリっぽい樹。わかりますかね。。。 花言葉は「魅力」「 … 続きを読む

グランサム椿(ぐらんさむつばき)

グランサム椿 陽のあたり方で、真ん中の黄色い部分が ランタンの用に明るく光っていました。 大きな木に白い大きな花が沢山咲きます。 紅葉の紅、黄に白い花が映えます。 開花時期は11-2月。 因みに普通のツバキの花言葉は「理 … 続きを読む

突抜忍冬(つきぬきにんどう)

突抜忍冬(つきぬきにんどう) 葉は枯れてきていますが がんばって咲いている突抜忍冬。 さすが突き抜けて冬を忍ぶってことでしょうか。 本来の開花時期は5-10月。 赤く小さなラッパ型の花が 鈴なりに沢山咲きます。 かわいい … 続きを読む

寒椿(かんつばき)

寒椿(かんばつばき) 花が減る秋から冬にかけて 濃い緑の葉に紅の八重咲きが美しい。 植え込みが 開花時期は11ー2月。 花言葉は「謙譲」「愛嬌」。

磯菊(いそぎく)

磯菊(いそぎく) 名前のとおり、海岸沿いに黄色い小さい花を咲かせます。 葉の淵が白いのが特徴的。 海岸に咲くことでも解るように強いお花なので 園芸用で育てるのも比較的簡単です。 花言葉は感謝、清楚な美しさ。 開花時期は1 … 続きを読む

老鴉柿(ろうやがき)

老鴉柿(ろうやがき) 後ろにいたおば様が「あっロウヤガキ!」 と、言っていたので。牢屋柿だと思いながら帰宅。 調べてみると牢屋でなく老鴉(老いたカラス)だそうです。 可愛らしい小さな細長い柿のような実がなります。 盆栽な … 続きを読む

花梨(かりん)

花梨(かりん) 紅葉狩り(撮り?)に行った時に どこからとも無く良い香り。 葉が落ちた木に黄色い実が沢山なっていました。 のど飴でおなじみ花梨(かりん)です。 こんな風に生るんですね。 咳止めとし、ハチミツ漬けに。 香り … 続きを読む

冬に咲く頑張り屋さんのひまわり

向日葵 (ひまわり サンフラワー) 今年は秋が温暖だったからかこの時期にひまわりが咲いていました。 黄色く色づいた銀杏並木ろ青い空を背に元気です。 日当たりを好み、生長が盛んな若い時期は太陽を追って動きます。 そんなひま … 続きを読む

紫式部 (むらさきしきぶ)

紫式部 (むらさきしきぶ) 秋に上品な紫色の実が美しいことから、 源氏物語を書いた平安美人の名前「紫式部」から取った名前。 紅葉した景色の中にたたずむ 薄紫の小さな実を付けた清楚な美しさに 古の都に思い馳せてしまいます。 … 続きを読む

龍脳菊(りゅうのうぎく)

龍脳菊(りゅうのうぎく) 龍脳という香木の香りに似ていることから付いた名。 なので、 見た目は名前にはそぐわない可愛らしいお花です。 日当たりの良い野山に生息する野菊です。 神経痛や肩こりに効能があるとも言われ 入浴剤に … 続きを読む

背高泡立草(せいたかあわだちそう)

背高泡立草(せいたかあわだちそう) 黄色く泡立ったような花と背の高さが特徴。 見た目から想像しにくいですがキク科の植物です。 野原、水辺などに群生し、高さは1 – 2m、 肥沃な土地だと3m以上になるそうです … 続きを読む

山茶花(さざんか)

山茶花(さざんか) 童謡の さざんか さざんか 咲いた道 ♪ 焚き火だ♪ 焚き火だ♪ 落ち葉焚き の山茶花(さざんか)。 あたろうか? あたろうよ。 北風ぴいぷう 吹いている。 この時期に開花します。 開花時期は、10月 … 続きを読む

アネモネ

アネモネ 金鳳花科のアネモネは 北半球の温帯から亜寒帯にかけて生息し、 寒さに強く育てやすいお花です。 名前の由来は「風」。 風の花なんてなんて素敵なんでしょう。 けれど花言葉は はかない恋、薄れゆく希望、真実。 少し暗 … 続きを読む

チェリーセージ

チェリーセージ 香辛料になる植物の名前を挙げる「スカボロフェア」の歌詞にある パセリ、セージ、ローズマリー&タ~イム♪ のセージはコモンセージ。 写真は観賞用として真っ赤な花を咲かせる品種の チェリーセージです。 基本、 … 続きを読む

寒木瓜(かんぼけ)

寒木瓜(かんぼけ) 木瓜全体では11月から4月くらいまで咲きますが、 この時期に咲き始めるものを寒木瓜といいます。 (3、4月に咲き始めるものが木瓜) 平安時代には中国から渡来したそうです。 冬から春にかけて咲いてくれる … 続きを読む

サルビアの仲間

サルビアの仲間たち そろそろ終わりの季節でしょうか? 初夏から秋まで長期的に楽しめ、赤、青、紫といろいろな品種が 楽しめるサルビアの仲間たち。 真っ赤な絨毯のようになる 花言葉は「家族愛」、「燃える想い」、「知恵」、「エ … 続きを読む

葉鶏頭(はげいとう)

葉鶏頭 はけいとう 鶏頭と同じ科。ですがこちらは葉を観賞します。 葉はは緑、赤、黄色、紅、オレンジなどとカラフルで美しい。 寒さが増すと色は鮮やかになるそうです。 実は花も咲くのですが小さくてわからないほど。 葉の綺麗な … 続きを読む

関連の可能性がある記事
    関連記事はありませんでした
下のランキングに参加しています。いいね!と、思ったら押してみて下さい!
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 人気ブログランキングへ

「季節の花便り」 花暦  花写真を中心とした花図鑑です。
月ごとに撮影した写真を開花時期や花言葉を添えて記載していきます。