ま行の花暦一覧

マホニア・ロマリーフォリア

マホニア・ロマリーフォリア 中国生まれのメギ科。 常緑の低木で庭木や常緑樹として利用されます。 葉はヒイラギに似ていて、花は黄色の小さな花を房状にびっしり咲かせます。 開花時期は12月から1月。 ちなみに仲間の日本の「ひ … 続きを読む

三椏(三叉・みつまた)

三椏(三叉・みつまた) 繊維質な植物なので、紙幣などの紙の原料に使われます。 開花時期は3月から4月。 写真はつぼみの状態です。 咲くまで、あと2ヶ月ほどですね。楽しみです。 枝が3本股状に分かれていることが名前の由来。 … 続きを読む

紫式部 (むらさきしきぶ)

紫式部 (むらさきしきぶ) 秋に上品な紫色の実が美しいことから、 源氏物語を書いた平安美人の名前「紫式部」から取った名前。 紅葉した景色の中にたたずむ 薄紫の小さな実を付けた清楚な美しさに 古の都に思い馳せてしまいます。 … 続きを読む

紅葉昼顔(もみじひるがお)

葉がモミジのように掌状にであることから命名されたそうです。 普通のヒルガオより大ぶりでアサガオに似ています。 別名をタイワンアサガオ。 因みに昼顔の花言葉は「優しい愛情」、「絆」。 開花時期は、 5月~10月。

松葉牡丹(まつばぼたん)

松葉牡丹(まつばぼたん) 松のように細い葉と牡丹のような花から付いた ハイブリットな名前。 色の種類は豊富で 赤、白、黄色、オレンジ、紅紫など。 花言葉は「可憐」「無邪気」 開花時期は7-10月。

マリーゴールド

マリーゴールド 花びらが幾重にも重なりゴージャス。 名前の由来は「聖母マリアの黄金の花」という意味です。 花壇によく植えられ人気ですが、 独特の臭気で除虫効果もある一面もあります。 花言葉は「信頼」、「悲しみ」、「健康」 … 続きを読む

三葉大反魂草(ミツバオオハンゴンソウ)

ミツバオオハンゴンソウ4

漢字で書くと厳ついですが、 黄色がまぶしい綺麗なキク科の花です。 ルドベキア・タカオとも呼ばれます。 花言葉は「公平」「正義」。 開花時期:7~12月

薮茗荷 (やぶみょうが)

ヤブミョウガ3

薮茗荷 (やぶみょうが) 雑木、藪に自生し、白い小さな花がたくさん咲く。 葉がミョウガに似ていることから名前は来ているが 食用されるミョウガとは違うものです。 花言葉は「報われない努力」 開花時期は7-9月。

禊萩(みそはぎ)

ミソハギ3

禊萩(みそはぎ) 湿原や水辺などの湿ったところに主に自生。 お盆のときに供物として使うところも多く。 禊(みそぎ)を行う はぎ=>ミソハギとなったそうです。 半言葉は「悲哀」「慈悲」「愛の悲しみ」「純真な愛情」 開花時期 … 続きを読む

紅葉葵 (もみじあおい)

モミジアオイ3

紅葉葵 (もみじあおい) ハイビスカスと同じフヨウ属。 鮮やかな赤が印象的な大輪。 名前の由来は、葉がもみじに似ているから。 花言葉は「温和」。 開花時期は7-8月

水カンナ(みずかんな)

ミズカンナ3

水カンナ(みずかんな) 湿地、水中に生え、背丈が高いわりに 小さい穂状の紫色の小さな花が咲きます。 花言葉は「快活」。 開花時期は6-9月。

木槿 (むくげ)

ムクゲ3

木槿 (むくげ) ハイビスカスと同じフヨウ属。 花色がピンク、白、紅紫などと多い。 花や樹皮は消化器系の生薬として利用されます。 花言葉は「尊敬」「信念」。 開花時期は6~10月。

禊萩(ミソハギ)

ミソハギ4

禊萩(ミソハギ) 湿原や水辺などの湿ったところに主に自生。 お盆のときに供物として使うところも多く。 禊(みそぎ)を行う はぎ=>ミソハギとなったそうです。 花言葉は「悲哀」「慈悲」「愛の悲しみ」「純真な愛情」。 開花時 … 続きを読む

マリーゴールド

マリゴールド2

マリーゴールド 花びらが幾重にも重なりゴージャス。 名前の由来は「聖母マリアの黄金の花」という意味です。 花壇によく植えられ人気ですが、 独特の臭気で除虫効果もある一面もあります。 花言葉は「信頼」、「悲しみ」、「健康」 … 続きを読む

松葉菊(マツバギク)

マツバギク3

松葉菊(マツバギク) 名前の由来は松葉のような細長い形状の花びらが 菊に似ていることから。実際はつるな科。 花言葉は「忍耐」「ゆったりした気分」「愛国心」「無為」「怠惰」 開花時期は4-6月 園芸ポイント:乾燥に強く、育 … 続きを読む

マーガレット

マーガレット2

マーガレット 名前の由来はギリシア語で「真珠」を意味するマルガリーテスから。 好き、嫌い、好き・・・・で使う、恋占い花でもあります。 花言葉は「恋を占う」「誠実」「心に秘めた愛」「真実の友情」 開花時期は5-7月 10- … 続きを読む

アガパンサス(紫君子蘭 むらさきくんしらん)

アガパンサス3

アガパンサス(紫君子蘭(むらさきくんしらん)) 名前の由来は「愛らしい花」。 その名のとおり凛としていながら可愛らしく清楚。 花言葉は「愛の訪れ」「恋の季節」「優しい気持ち」 開花時期は6-7月。

マーガレット

マーガレット2

マーガレット 名前の由来はギリシア語で「真珠」を意味するマルガリーテスから。 好き、嫌い、好き・・・・で使う、恋占い花でもあります。 花言葉は「恋を占う」「誠実」「心に秘めた愛」「真実の友情」 開花時期は5-7月 10- … 続きを読む

関連の可能性がある記事
    関連記事はありませんでした
下のランキングに参加しています。いいね!と、思ったら押してみて下さい!
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 人気ブログランキングへ

「季節の花便り」 花暦  花写真を中心とした花図鑑です。
月ごとに撮影した写真を開花時期や花言葉を添えて記載していきます。